突然の「栗あげるよ」

イルカは終日眠らない(冠)

「山猫は眠らない」(邦題)という、マインドが揺さぶられる
ストイックな上級スナイパーのフォトがありましたが…今回は、
イルカのおはなし。

前に読んだ公式で…

「イルカは眠るとおぼれる」という項目がありましたが
眠らない生物というのも、不明めいた雰囲気で興味津々です。

哺乳類のイルカは、眠ると溺れてしまうらしいです。

まぁ、溺れみたいになると「起きる」ので、溺れることはないですが、
「眠れない」という事実は重要ですね。

イルカの場合は一就寝。正しくは…「半球就寝」というそうです。

右目左目をある規定ターム、交互に閉じて影響の脳を寝かせるらしく、
眠れない状況下ではあるといえ、毎日忙しない感触ですね。
(ちなみに右目を閉じると左脳が、逆に左目では右脳が休まるみたい)

シャチやサメなどのような大敵から私を守るための進歩のようですが、
いやに「命にかかわる進歩」の凄まじさです。

(企画が止めになって久しいですが)ナニコレ遇百景では、
茨城県内・大洗水族館の「クライアントを観察するイルカ」の陰を
放映してましたが、あのイルカ氏も時時ウインクしていましたね。
(ぶつからないように進歩中央の後押しから離れて休んでいたかな!)

基準までに逆に就寝タームが長い生物の最初位は、コアラの20〜22ターム。

他の生物が食べない毒物のある植物を食べているために山積服薬が難しく、
また長い会得時間がかかる結果とか…ここもまた進歩の凄まじさが!!

前に読んだ公式で…

こういうイルカと同じ事項(就寝の代わりに片目をつぶり休息させる事項)を
本当に行っている人物がいることを知りました。
(一部で研究している役所はあります)

その公式の作者は、昼夜通して勤める人物で、超短時間の就寝に
プラスして実践しているようです。
(イルカのように本能的に無意識の状態ではなく、心掛け下で
行動しているところが凄いですねえ)

私もちょこっと試してみましたが…予め厄介。アッという間に退却しました。
やっぱり睡魔に敗れる時折試してみるのもいいかもしれません。二重窓.comさん